化学徒の備忘録

化学系の用語や論文をわかりやすく紹介していきます

数式に登場するexpについて

公開している記事のなかでも、例えばオイラーの公式 \exp (i \theta) = \cos \theta + i \sin \thetaのように\exp を使っている。この\exp は、大学の教科書や講義などでは当然のように使われているが、振り返ると高校では習ったことがなかったので、ここで説明をしておく。

数式に登場するexpについて

自然対数の底であるネイピア数をeとするとき、その指数関数は次のように表される。

 e^x

この e^x\exp xと表すことがある。

特にxの部分に数式などが入る場合には、その数式をわかりやすくするために、\expという表記を使うことがある。