化学徒の備忘録

化学系の用語や論文、動画などを紹介していきます

研究発表のスライドの作り方のコツ(卒論発表・修論発表・学会発表に向けて)

はじめに

研究室に配属され、研究を進めると、卒業論文発表や修士論文発表、学会発表などでパワーポイントなどのスライドを使ってプレゼンテーションを行う場合がよくあります。

自分の研究内容をわかりやすく、的確に伝えることができると、ただ研究の面白さが伝わるだけでなく、その後の質疑応答も実りあるものなります。また学会賞などを受賞できると奨学金の免除審査や学振の申請書にも役立ちます。

この研究発表のスライドの作り方やブラッシュアップの仕方は研究室内で引き継がれている一方で、解説している資料は多くはないと思います。そこで、私の研究生活の中で培ったコツを書いていきます。

※分野によって、スライドの作り方の礼儀作法が違う場合があります。

※ここで紹介しているスライドの例はhttps://www.nature.com/articles/s41467-020-20214-zの画像を用いており、この論文にはクリエイティブ・コモンズ、CC-BYのライセンスが付与されています。

スライド作りのコツ2つ

スライドの作り方のコツの1つ目は"聞く人のことを考えて作る”です。独りよがりにならないように、研究発表を聞く人が見やすく、わかりやすく作ることが一番です。

スライドの作り方のコツ2つ目は"準備する時間を充分に用意する”です。良いスライドを作ろうと思うと時間がかかります。そのための時間を充分に確保しておくことが大切です。

そのうえで分かりやすいスライドを作っていくテクニックがありますので紹介していきます。

スライドの縦横比(アスペクト比)

最近のパワーポイントではデフォルトは16:9になっていることが多いと思います。多くのプロジェクターも16:9に対応していますが、古いプロジェクターだと4:3の場合もあるので、事前に確認しておくことをオススメします。

16:9と4:3のどちらかわからないという時の方法として、16:9と4:3の中間の比としてA4 (210 × 297 mm)をスライドの向きを横にして使うという選択肢もあります。ここで紹介するスライドはA4で作成しておりますので参考にしてください。

フォント

フォントはブロック体(ゴシック、メイリオ、ヒラギノ角ゴシック、arial、Segoe UIなど)を使います。文字の大きさは基本的に20ポイント以上です。これが原則です。

同じプレゼンテーション中で使うフォントは統一しておきましょう。

あえて明朝体やTimesを使って上手に強調する人もいますが、最初のうちはブロック体を使う方が無難です。

タイトルスライド

スライドにはタイトルスライドとコンテンツスライドがあります。

 

f:id:syerox:20210213050344j:plain

タイトルスライド

タイトルスライドには発表のタイトルや所属、発表者や共同発表者の名前、日付や講演番号などを記入します。他にも大学のロゴマークを入れたり、発表に関連するシンプルなイラストを入れたり工夫することができます。

f:id:syerox:20210213050400j:plain

タイトルスライドの解説

タイトルや所属、名前などは左揃えにもできますが、中央揃えでプレゼンしている人がほとんどです。

コンテンツスライド

コンテンツスライドは研究発表のメインである研究内容に関するスライドです。目安は1枚のスライドで1メッセージです。1枚のスライドにかける時間は目安としては1分、だいたい30秒~2分の間になるようにするといいです。

研究発表では、研究背景、研究の目的、実験方法、実験結果、考察、まとめ、のような順番で作ります。

基本的にスライドの内容の配置は左から右、上から下に見ていけるように配置します。

プロジェクターを使う場合の発表は一番下まで図や文字を入れると、一番下は前の人などで見えない場合があるので注意です。逆にZOOMの発表では相手の表示次第では右上が隠れる場合があります。

f:id:syerox:20210213035947j:plain

研究背景のスライド

このスライドの例ではイラストACの素材とChem 3Dで出力した画像を使っています。スライドに使うイラストはなるべく自分で作るほうがいいと思います。しかしフリー素材なども、ほどよく活用するといいスライドが作れると思います。Chem 3Dの水素の色はデフォルトでは画像のように白ですが、見にくいので水色などに変更してもいいと思います。

小見出しの文字のはじまりの位置やスライド中の文字の位置はパワーポイントのオブジェクトの配置の機能などを使って揃えましょう。

各項目をまとめるために、枠線を入れることもできますが、枠線を入れすぎると、線(情報)が多くなりすぎて見にくくなるので注意です。

ここでは右上にページ番号と総ページ数を表示しています。ページ番号を入れておくと質疑応答で何ページ目の〇〇についてといった具合で質問者が質問しやすくなります。また総ページ数を書いておくと、今発表している内容が全体のうち、どのあたりなのかが伝わります。

f:id:syerox:20210214171246j:plain

解説:視線は左から右、上から下へ動くようにする

f:id:syerox:20210214171330j:plain

研究背景スライドの解説

 

f:id:syerox:20210213042051j:plain

研究結果のスライド

まずはグラフの軸ラベルやグラフのタイトルをちゃんとつけましょう。レポートや論文などでは、表のタイトルは上、図のタイトルは下が原則ですが、スライドでは図のタイトルを上につけている場合も多くあります。

今回は引用している論文の図をそのまま使っていますが、なるべくスライド用に図のフォントサイズなどを調整して作り直すといいでしょう。

文章の改行は単語の途中で改行しないように注意しましょう。

好みの問題ではありますが、グラフなどはスライドの端までギリギリに詰めるより、少しスペース(余白)を作っているほうが見栄えがいい場合も多いです。

パワーポイントの機能にアニメーションがありますが、アニメーションを過剰に入れると、逆に分かりにくくなるので注意です。

f:id:syerox:20210213042414j:plain

研究結果のスライドの解説

スライドに使う色の注意点

1枚のスライドに使う色の数は3色程度に留めておくといいです。色の数を多くして、区別しようと思っても、実際に聴衆が見ると、判別できないという場合も考えられます。

使う色を選ぶなかで特に黄色には注意が必要です。スライドの背景は白である場合が多いですが、白の背景に黄色の文字などの場合、文字が読めないということがよくあります。

アニメーションや動画を使う際の注意点

ほとんどのプレゼンテーション用のソフトウェアには、アニメーションをつける機能がついています。アニメーションは効果的に使うと、聴衆の理解を助けることになりますが、不要な部分にまでアニメーションを使うと、デメリットもあります。

特にスライドの切り替えのときのアニメーション効果は注意が必要です。このスライドの切り替えのアニメーション効果を使った場合1~3秒程度は余計な時間がかかることになります。その分だけ発表時間が減るということなので、注意しましょう。

動画の埋め込みも、上手に使うと、説明が非常にわかりやすくなりますが、気をつけておくことがあります。まず、動画の再生時間が長くなりすぎないように注意しましょう。発表時間の5~15%程度の再生時間が妥当な時間です。これ以上長くなると、研究発表ではなく、動画紹介になってしまいかねません。また、発表する際に用意されたパソコンを使って発表する場合は、不具合に注意が必要です。パソコンの不具合で動画が再生されなかったり、音声が流れなかったりすることがあります。動画をプレゼンテーションファイルに埋め込む以外に、動画ファイルとして保存しておいて、不具合が生じたときは別のメディアプレイヤーソフトウェアを使うといった臨機応変な対応も必要です。

写真の長所と短所

スライドに実験装置の写真などを使う場合には、長所と短所を理解して使うといいと思います。

1つ目の長所は写真を載せることで聴衆に現実感を与えることができます。実験が特殊である場合や、自作の測定器具などを使っている場合、写真をつかうことで実際に紹介することができます。

2つ目の長所は、写真の撮影はイラストを作製するより時間がかからないという点です。

短所は、余計なものが見えてしまうことです。例えば実験装置を撮影したときに、その写真には周りにあるケーブルや箱や別の実験器具などが写り込んでしまうことがあります。聴衆の視点が関係のないものに向いてしまうと、逆に聴衆の理解が進まないなんてことになるかもしれません。

お願い

この紹介を読んで改善点を見つけた方やここに紹介していないコツ、研究室でのノウハウなどを持っている方は、コメントに書き込んでいただければ幸いです。みなさんの意見を参考に改訂を続けて、多くの方によりよい情報を提供したいと考えています。

今回使用した論文について

Transforming carbon dioxide into jet fuel using an organic combustion-synthesized Fe-Mn-K catalyst
Benzhen Yao, Tiancun Xiao, Ofentse A. Makgae, Xiangyu Jie, Sergio Gonzalez-Cortes, Shaoliang Guan, Angus I. Kirkland, Jonathan R. Dilworth, Hamid A. Al-Megren, Saeed M. Alshihri, Peter J. Dobson, Gari P. Owen, John M. Thomas & Peter P. Edwards
Nature Communications volume 11, Article number: 6395 (2020)

www.nature.com

 

今回紹介に使用した論文はクリエイティブ・コモンズ、CC-BYのライセンスが付与されています。この記事では、上記論文の画像を使用しています。