化学徒の備忘録

化学系の用語や論文をわかりやすく紹介していきます

チンダル現象:微粒子による光の散乱現象

チンダル現象とは

微粒子による光の散乱現象のことをチンダル現象 (ティンダル現象、チンダル効果) という。

特にコロイド溶液やエアロゾルなどに光を当てたときに、微粒子によって光が散乱されることで、光の通路が光って見える。

このチンダル現象は分子やイオンより大きなコロイド粒子の直径が、光の波長に近いために、光を散乱する。

そのため、小さな分子やイオンが溶けている溶液とコロイド溶液の判別にチンダル現象が用いられることがある。