化学徒の備忘録

化学系の用語や論文、動画などを紹介していきます

SMSI効果:水素や一酸化炭素の吸着量の減少

SMSI効果とは

SMSI (strong metal support interaction) 効果とは、ある条件を満たした触媒の室温での水素や一酸化炭素 (CO) の吸着量が著しく減少する効果のことである。

このSMSI効果はTiO2、Nb2O5、V2O5、CeO2、ZrO2などの易還元性酸化物担体にPtやPd、Rhなどの貴金属を分散担持した触媒を500 ℃程度の高温で水素還元すると起こる。

高温水素処理によって、担体表面の一部が還元し、担体表面を移動して貴金属表面を覆う現象と考えられている。

SMSI効果は吸着はもちろんだが、種々の触媒反応にも著しい変化を起こす。