化学徒の備忘録

化学系の用語や論文、動画などを紹介していきます

元素記号と質量数、原子番号(陽子数)の表記の仕方

元素記号と質量数、原子番号(陽子数)の表記の仕方

原子核は陽子と中性子で構成されています。この原子核の中の陽子の数を原子番号、陽子の数と中性子の数の合計を質量数といいます。

また原子は原子番号によって化学的な性質が違うため、原子番号に対応した元素記号が決められています。例えば原子番号1の水素はH、原子番号6の炭素はCとなります。

そこで、原子番号と質量数と元素記号を一緒に表すときには、ルールが決められています。元素記号の左上に質量数、元素記号の左下に原子番号を書きます。

f:id:syerox:20210919161045j:plain

元素記号と原子番号、質量数の表し方

 

原子番号を省略する場合もあり、12Cや13Cのように表記することもあります。この場合の読み方は炭素12や炭素13のように読みます。

同位体の表記の仕方

陽子数(原子番号)が同じでも、中性子の数が異なる粒子(質量数が異なる粒子)が存在します。こういった関係にある粒子を同位体といいます。例えば水素には質量数が1の水素1(軽水素)以外に質量数が2の水素2(重水素)や、質量数が3の水素3(三重水素)などが知られています。

これを上のように表記すると、次のようになります。

f:id:syerox:20210919161740j:plain

水素の同位体