化学徒の備忘録

化学系の用語や論文、動画などをわかりやすく紹介していきます

分子間力:分子と分子の間に働く力

分子間力

分子と分子の間に働く力を分子間力という。また、原子間やイオン間に働く力であっても、分子間力という場合がある。

分子間力には引力と反発力 (斥力) がある。

引力としては、クーロン力、交換力、水素結合力、電荷移動力、ファンデルワールス力などがある。

反発力としては、排他原理に基づく交換反発力や、静電気的な反発力がある。

極性分子間同士では、静電的な引力や反発力がある。これは分子の極性が強いほど大きくなる。

極性分子と無極性分子間の場合には、極性分子が無極性分子内に誘起双極子を生じ、その誘起双極子と極性分子との間で生じる作用である。